ガードが堅い女性をデートに誘いたい!使える「言いわけ」5選!

guardgakataionna-date

気になるあの人をデートに誘いたいけど、ガードが堅くて…ということはたびたびありますよね。ガードが堅い女性はそれだけ恋愛に対して警戒心があり、慎重になっている場合がほとんど。

他の女性と同じようにデートに誘っても、ガードが堅い女性はOKしてくれません。そこで有効なのが「言いわけ」です!

お互いの下心が見えない、口実があればデートのお誘いは成功する確率も上がります!今回は、そんな「言いわけ」をご紹介♪

スポンサーリンク

1.「一杯だけ」を切り口に飲みに誘う

何かのついでに「一杯だけ飲みにいかない?」というのは、結構便利な言いわけです!

あまりデートといった雰囲気ではないかも知れませんが、ガードが堅い女性は警戒心が強いので、いつ、どこで、どんなお店で、とガッチリ約束してしまうとかえって行きにくく感じてしまいます。相手が何を考えているんだろうと余計に身構えてしまうところがあるのです。

なので、会社帰りなどに軽く飲もうよ、というようなラフさが重要となります。いつでも帰れる、ちょっと寄り道するだけ、という気楽さがあるとガードが堅い女性でも誘いに乗りやすいんですよ♪

何度か一緒に飲む機会が増えれば、だんだんとデートらしい場所に誘っていくのもいいですね!

2.「お礼」になにか奢る

ガードが堅い女性でも「お礼がしたい」と言われると、断りづらいもの。何かモノを贈るのもセンスがいるし、食事なら好きなものを選んでもらえるから…と、理詰めで誘導しちゃいましょう。

前段階として、ちょっとしたことをお願いしたり仕事を手伝ってもらう下準備が必要ではありますが、こちらもデートに誘いだすのに使いやすい言いわけです。普通のデートのお誘いだと、ガードが堅い女性は何か裏があるのでは?下心があるのでは…と警戒してしまいます。

あくまでもお礼がしたいだけ!と主張することで、下心がないと安心してくれることでしょう。また、女性としても一方的に奢ってもらうよりもギブアンドテイクの関係があったほうが、気兼ねなくOKしやすい雰囲気になります!

あなたが真面目で誠実であることをアピールしてみましょう。

スポンサーリンク

3.「女性目線」で選ぶのを手伝ってと買い物に誘う

何度もは使えない手ですが、プレゼントなどを選ぶのを手伝ってほしい、とお願いしてみることでガードが堅い女性を買い物デートに連れ出すことも可能です!

親戚や家族への贈り物などを選ぶのに、何が喜んでもらえるかわからない。君はセンスがいいし女性としての意見が聞きたい、などと頼んでみてはいかがでしょう?

うまくいけば彼女の好きなブランドがチェックできたり、お礼に食事でも奢るよ、と誘うきっかけになったりいくらでも次のデートにつなげるチャンスが転がっています!ガードが堅い女性側としても、頼られて悪い気はしません。

ただし言いわけに失敗すると、母親にプレゼント=マザコンだと思われたり、友人の女の子に贈り物=その子に好意がある、などの誤解を招くことも…。

母の日を利用してみたり、友人の結婚祝いに何かあげたいと言ってみたり、ちょっとズルい言いわけを事前に考えてみましょう。

4.「ドタキャンされて」チケットが余ったと言う

あらかじめガードが堅い女性を誘うために、好きな映画やコンサートのチケットをとっておいてデートを持ちかける、という手です。ただし「もうチケットはとってしまったから行こう」というような誘い方では、その時はデートに来てくれても、強引なやり方に引いてしまいます。

ガードの堅い女性の場合は、断りにくい雰囲気に対してプレッシャーを感じてしまうので、その時一回きりはデートに誘えたとしても、それ以降は余計に壁を作ってしまうのです。自分のペースを無理に崩されると、その人のことを嫌だと思ってしまうんです!

「友達と行く予定でチケットもとったけど、急に相手がこれなくなってしまった。確か君も好きだったよね?」と、もしよかったらどう?というような誘い方のほうが、ガードを崩しやすかったりします。

断っても問題はないけど、できたら君と行きたいな、というように逃げ道のある誘い方をしたほうが、ガードが堅い女性は安心してくれるでしょう。結果として何度もデートの誘いに乗ってくれる場合がありますよ!

5.「男一人じゃ入りにくい」場所を選ぶ

もしもあなたが甘いものや可愛いものが嫌いではないなら、それを言いわけに使うのもアリ。

おしゃれなスイーツのカフェや、アミューズメントパーク、水族館や展覧会など「気になってはいるけど男一人ではどうも入りにくい」場所をあえて選んでデートに誘ってみるのはいかがでしょう。

いくらガードが堅い女性でも大抵そういった場所は好きだったりするので、上手に誘えば「しょうがないなあ」と言いつつOKしてくれることも。誘うときにも、君とだったら気兼ねなく楽しめそうだと思ったからと、あくまで下心は見せないようにアピールしておきましょう!

ある程度親しみのある関係になってくれば、「なんかデートみたいだね」と冗談ぽく駆け引きしてみてもいいですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか!ガードが堅い女性はどうしても警戒心や不安から、デートや恋愛ごとに消極的になってしまうことが多いもの。

ですが決してデートが嫌いな女性とも限りません。いかに下心を見せないように、相手を不安にさせない「言いわけ」を使っていくかが重要です。

ぜひ上手に言いわけを使って、たとえガードが堅い女性相手であっても、ちょっぴりズル賢くデートに誘ってみてくださいね。

合わせて読みたい:

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆかこ

平成生まれ、東京のオフィスで働く現役OLです。これまで年下の男の子から年上の恋愛経験豊富な方まで、さまざまな立場の方とお付き合いをしてきました。女目線でしか気づけないこともあると思います!本音だからこそ、実際の場でお役に立てるような記事をめざします。