女性の褒め方!言われると女子がキュンとするフレーズ6選!

josei-homekata

相手と仲良くなるのには、上手に褒めることが大切!とは言っても、女性をどんな風に褒めればいいのか、なかなか難しいですよね。的外れな褒め方をすると、「本当にそう思ってんの?」と逆に不愉快に思われてしまう可能性すらあります。

異性を褒めて気持ちよくさせるには、どんな褒め方が効果的なのでしょうか?この記事では、上手に女性を褒めるのにピッタリなフレーズをご紹介します。

スポンサーリンク

1.「可愛いよね」「美人だね」

女性が一番喜ぶ褒め言葉、それは何と言っても容姿を褒めること!「可愛い」「美人」なんてストレートに言われたら、それだけでキュンとしてしまいます。中身が大切とは言っても、恋愛に関しては外見もとても大切な要素です。

褒め方もただ「可愛い」と褒めるのでなく、「目が大きくて可愛い」「すらっとしてて美人で、モデルさんみたい」と具体的に褒めるのが効果的です。

適当に「可愛い」とだけ言っても、「本当にそう思ってるのかな?」と思わせては逆効果です。相手のどこが可愛いか、具体的に指摘すると、より心に響きやすいですよ。

また、軽い態度で褒めると「みんなに言ってるんでしょ?」と思われがち。2人きりの時にこそっと褒めるのがポイントですよ。

2.「色気があるよね」

「可愛いね」も効果的な褒め方ではありますが、意外と女子はみんな「可愛い」と言われ慣れていたりします。だけど、「色気がある」は女性全員に当てはまることではありません。

努力をすれば可愛くなるのは簡単だけど、色気は意識して出せるものではありません。だからこそ、いくら可愛い女子でも「私って色気あるのかな?」と不安に思っているのです。

特に異性から「色気がある」と言われると、女子は安心するしとても嬉しくなってしまいます。特に、「清楚な感じなのに、色気があるよね」とギャップを褒めるとさらに効果的ですよ。

スポンサーリンク

3.「仕事頑張っててえらいなぁ」

顔や服装など、見た目を褒めるのは簡単です。だからこそ、「いつも仕事頑張ってるよね」「勉強熱心で向上心があって尊敬する」など……内面や努力に関する褒め方は、あまり言われる機会のないレアな褒め方と言えます。

努力の過程を褒められると、女子は「この人私のことちゃんと見ててくれてるんだな」と感動します。そう言ってくれる男性に対しては安心感が生まれ、少し見る目が変わるのです。容姿や女性らしさを褒めるのとプラスして、本人の頑張りを褒めるとさらに効果的ですよ!

だけど、思ってもいないのに「すごいね」なんて言うと、馬鹿にされていると感じる女子もいます。うわべだけの言葉はすぐにわかってしまうもの。彼女のことをしっかりと観察して、本当に尊敬できるところを伝える褒め方をしましょう!

4.「いい匂いがする!」

近づいた時に香る、シャンプーや香水のいい匂い……「いい匂いだな」と思ったら、それを素直に伝えてみましょう。

香りのおしゃれってさりげないものですし、匂いは本当に接近した時じゃないと、わからないですよね。だからこそ、「いい匂いがするね」なんて褒め方をされると、ドキッとしてしまうのです。

彼女の匂いを褒めるのは、2人の距離を縮めるとても効果的な褒め方です。だけど、気を許した相手でないと、「匂い嗅いでくるとかキモい」と思われてしまう危険性も。ですので相手を見極めて使うのが大切です。

5.「お肌綺麗だね」

女性なら誰しも、お肌のケアは念入りに行っているもの。でも男って意外と気づいていなかったりします!だからこそ、「肌が綺麗」という褒め方をされると、日々の努力が認められたようで嬉しくなるのです。

それに、他の男が気づかないような褒め方をすることで、「この人私のこと見ててくれてるんだ」とドキッとしてしまいます。

お肌以外にも、「髪切った?似合ってるよ」「メイク変えた?可愛いね」などなど……彼女の細かいところを観察して、変化に気づいたら褒めてあげましょう。人が気づかないようなところを褒められると、女性はものすごく嬉しくなってしまいます。

6.「いいお母さんになりそう」

女性らしさを男に認められるのは、女子にとって最高の褒め言葉です。でも、「女子力高い」なんて褒め方だと、場合によってはちょっと茶化している感じにもなってしまいます。「女の子らしいね」という褒め方だと、大人の女性に言うのはちょっと不適切。

結婚適齢期の女性を褒める時は、「いいお母さんになりそう」という言葉が心に響きます。「いいお母さん」=優しくて家事ができて母性本能が強くて……女性らしさの理想形でもあります。

女子力が高い女子に対しては、この褒め方を使ってみましょう。ただし、家事が嫌いで男並みに働くバリキャリ女性や、子供が嫌いで独身を貫いている女性に言うと逆効果。これも相手を選んで使うことが大切です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?褒めるのがいいとは言っても、やみくもに褒めるのではなく、効果的なフレーズがあることが、お分かりいただけたかと思います。

ポイントは、相手をちゃんと観察して、その人らしい所をしっかり褒めること!そうすれば、きっと彼女の気持ちにしっかり響くはずです。うまくいくといいですね!

合わせて読みたい:

スポンサーリンク