彼女がイライラ!原因は何?あなたの知らない女の心理7つ

kanojyo-iraira-genin

心当たりがないのに彼女がイライラしていて困ることはないですか?理由を聞こうと思っても、壁のようなものが立ちはだかり、質問一つできないときがありますよね。

もしかしたら、原因はあなたの方にあるかもしれません。女はちょっとしたことから情緒不安定になりやすい生き物です。あなたがまだ知らないかもしれない女の心理を解説していきます!

スポンサーリンク

1.連絡が少なくなって寂しい

恋人同士なら連絡を取り合うのは普通のこと。でも、その頻度が付き合いたての頃より明らかに激減すると、彼女をイライラさせてしまうかもしれません。

あなたは無意識のうちに連絡していないだけかもしれません。でも、女は自分から連絡する方が多くなると、彼氏に気にされてないのかも、という寂しさを感じてしまいます

その反面、自分からあまりしつこくするのも嫌だと思うので、やりきれない気持ちがイライラとなって現れるのです。あなたの方からマメに連絡をするように心がけましょう。

2.デートプランが毎回同じで飽きた

デートプランはきちんと練っていますか?彼女がイライラしているのは、変化のないデートに飽き飽きしているからかもしれません。

一度行った場所が気に入って定番になり、頻繁に出入りするのはよくあること。しかし、様々な場所に行きたい女の性質からすると、毎回同じでは飽きてしまうのです。

定番の場所に行く頻度を少なくして、新しいテーマパークやショッピングモールなどをリサーチしましょう。バリエーション豊かなデートプランにすれば、飽きられることはありません

スポンサーリンク

3.スマホを見てばかりでつまらない

街中でたまに見かけるのが、彼女を放ってスマホに夢中になっている彼氏。それは間違いなくイライラの原因になります。

ただ隣にいるというだけなら、別に彼氏である必要もありませんよね。友達だっていいわけです。つまり、せっかく一緒にいるのに恋人同士の時間を放棄しているという状況に苛立ってしまうのです。

彼女が一緒にいるときはスマホでSNSをチェックしたり、ゲームをしたりする行動は控えめにした方がいいでしょう。突然キレて喧嘩に発展する可能性大です。

4.スキンシップが減って不安感がある

彼氏から触れられていると安心するという人はたくさんいます。女はスキンシップが減ると不安感が募ってイライラしやすくなります。

付き合った当初は一緒にいることが楽しくて常にイチャイチャしていたのに、時間経つにつれ慣れを感じて何気なく彼女に触れることがなくなったということはないですか?

彼氏に触れられなくなると、女はまず浮気の可能性を持ち出します。もし浮気が原因でないのなら、あらぬ疑いをかけられないためにも積極的なスキンシップをするようにしましょう。

5.男友達を優先することに嫉妬している

彼女とのデートよりも男友達と遊びにいく約束を優先している人は要注意です。イライラの原因は意外とそこにあるかもしれません。

嫉妬されるのが嫌で女友達と遊ぶことだけは控えているかもしれません。でも、それは大間違い。女は彼氏の男友達にも嫉妬します。入り込む余地のない男同士の友情を見せつけられると、悔しいと思ってしまいます。

恋人と友達は別モノだと頭でわかっていても、自分が一番の存在でありたいという気持ちは抑えられないのです。男友達も大切ですが、彼女の気持ちを汲んで行動するようにしましょう。

6.元カノと比較する発言に怒っている

何気ない会話のつもりかもしれませんが、彼女を元カノと比較するような発言をしていませんか?

「元カノの方が小さくて小動物みたいだった」「元カノは料理上手だったけどお前の料理も悪くない」といった発言は、まるで元カノへの未練があるようにも思ってしまいます。

女にとって、他の女と比べられることはプライドが傷ついてイライラする以外ありません。過去は過去として置いておき、現在進行形の恋愛ときちんと向き合ってください。

7.生理の影響で心身共に調子が悪い

女には生理があります。人によって症状は様々ですが、生理前や生理中はホルモンバランスの影響で精神的に不安定になったり、風邪のように体調を崩したりすることがあります。

これは誰のせいでもありませんが、女は生理というだけでイライラしてしまうことがあるのです。彼女も例外ではないはずです。

あなたができることは、体調を気遣い、普段よりも優しくしてあげること。もし八つ当たりされても、怒り返さしないようにしてください。生理が終わればイライラもなくなるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?長く付き合っていると惰性が生まれたり、相手に甘えたりすることがあります。遠慮することもなくなってきます。それが度を越してしまうと、イライラする原因になってしまうんですね。

解説を読んでいて心当たりがある!と思ったあなたは、今すぐ対策を練りましょう。うまくいけば彼女の機嫌を直すことができるかもしれません!

合わせて読みたい:

スポンサーリンク