意外かも!結婚したい男性の条件!女性が将来の夫に求めている事5つ

seizitunazyosei-miwakekata

「結婚したい!」

でも、「お金がナイ」「女性をリードできナイ」「そもそもモテナイ」

結婚したい男性が、結婚できない理由として挙げるよく見る3大ナイです。

でも、大丈夫!この3大ナイ男性でも幸せな結婚生活を送っています。

意外にも、女性が将来の夫に求めている条件は他の事だからです。では、世の女性の本音の結婚の条件は何なのでしょうか?

結婚したい男性はぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

1.好きでいてくれている

あなたの周囲に既婚女性はいますか?いるならば、よくこんな愚痴をもらしているのではないでしょうか?

「あの人、甲斐性ないのよね」
「あの人、頼りないのよね」
「あの人、女心がわからないのよね」

主婦が夫に向ける愚痴の上位に入るといっても過言ではないでしょう。

そして、その女性に「じゃあ、何故、その人と結婚しようと思ったの?」と聞くと、大体返ってくる答えはこれです。

「私の事すごく好きだから」「ぐいぐい来られたから」etc

これが女性の結婚の条件です!

女性は、自分のことに関心を持って、ケアをしてくれる人に愛情と信頼感を持つ生き物。結婚したい男性像には、なおさらです。

ですので、恥ずかしがらず、好意を持つ女性が現れたら気持ちをストレートに伝えましょう!

そうすれば、「この人なら結婚後も私に関心を持ってくれるはず」と女性の結婚条件に近づくことができるはずです。

2.誠実である

男女ともに求める条件かと思いますが、女性は信頼感を持つ人に愛情を寄せるもの。

つまり、「信頼感がなくなった=好きじゃなくなった」となります。

特に、「不倫」というのは、夫婦間トラブルでもよく見られると思うのですが、女性はとても強く意識します。

付き合う相手の条件は、「格好良くて、経済力があって色んなところに連れて行ってくれて、私だけに優しい」とか挙げがちですが、結婚は生活です。

誠実でない人とずっと生活し続けることは女性にとって耐えられません。ですので、結婚相手の条件として、必ず挙げられます。

ですので、「自分がモテない」と思っていても不安にならないで下さい。

「初対面の女性とうまく話せない」「見た目が格好良くない」「女性を楽しませる遊び場所やごはん屋さんを知らない」全部OKです。

むしろ、これが「誠実そう」として結婚したい男性像として意識されるのです。

スポンサーリンク

3.仕事に理解がある

結婚したい男性は、「女性はどうせ結婚条件は経済力だろ」と悲観的になりがちです。でも、ご安心下さい!

仕事の楽しさを覚え始めた20代後半以降の女性は、意外にも結婚後も仕事を続けたいと思っています。

そんな女性は、結婚の条件として「共働き」を挙げ、また、自分のキャリアを捨てたくないばかりに結婚を躊躇している女性もいるのです。

何故かと言うと、男性は自分が仕事をしやすい環境作りを妻に求めがちなので、結婚後しばらくすると、自分よりも仕事を優先する妻に嫌気がさしてきます。

そんなエピソードを周りの既婚女性から聞いたキャリア女性は、結婚後も変わらず自分の仕事に理解を示してくれる男性を結婚したい男性像として強く意識するのです。

ですので、彼女が仕事の相談をあなたにしてきた時は、理解を示してみて下さい。

4.自由時間を尊重してくれる

「結婚後も自由時間を確保したい」その願いは、男性だけではなく女性も同じです。

結婚後の女性は自由時間がほぼありません。何故なら、男性は結婚の条件として妻に家事全般を求め、家にいるとほぼ家事をしないといけないからです。

子供がいればそこに育児も加わりますし、共働きであれば出勤前も帰宅後も家事に追われます。

子供がいない専業主婦なら暇だと思われがちですが、家事に終わりはありません。

そして主婦に休日はない。ということは、夫に気兼ねなく休むことが難しいのです。

夫の了解を得ないとそして、友達とも遊びに行けません。自由の時間が少ないのです。

ですので、結婚後も自分の自由になる時間を尊重してくれる男性を求めます。そんな男性を女性は結婚したい男性像として強く意識します。

5.家事にプレッシャーを与えない

結婚したい男性が思う妻に求める条件、それはずばり「家庭的」ではないでしょうか。

実は、女性にとってその「家庭的」という条件は結構なプレッシャーなのです。男性から見れば、仕事に比べたら、家事なんてたいしたことないと思うかもしれません。中には自分の母親と比べる男性も多いと思います。

でも、考えてみて下さい。

母親の時代に比べて、女性を取り巻く環境はあきらかに変化しています。プレゼンや資料作成は得意でも、掃除や料理は不得意という女性は多いのです。

そんな中でも、男性が女性に求める「家庭的」という条件は変わっていないということを女性達は肌で感じています。

そんな中、寛容な姿勢を示してくれる男性を女性は結婚したい男性像として強く意識します。

ですので、好意を寄せる女性が現れたら、初対面の段階で「家庭的な女性が好き」ということをアピールしないようにしましょう。

アピールした瞬間、女性の結婚条件から外される可能性大です!

6.リードはここぞ!という時だけでよい

女性はリードしてくれる男性に惹かれます。

食事や遊びに行く場所、二人でする趣味、などリードする男性はモテます。それは事実です。

でも、それが生活にまで入り込んだら、どうでしょうか?

毎日の生活の事まで男性に従っていたら、すごく窮屈です。結婚後、女性は毎日の生活に関する物事を男性に決めてほしいとは思っていません。

むしろ自分で決めたいと思っています。そして、きちんと妻の意見を聞いた上で、最終結論を出せる男性を女性は結婚したい男性像として強く意識します。

ですので、好意を持つ女性とデートできることになったら、あなたがしたいことではなく、まず女性が何をしたいかを聞いてあげましょう。

聞いた上で、提案をすることによって、「私の意見も聞いてくれて頼りになる」と女性の結婚条件に近づけます!

おわりに

いかがでしたか?

「強くて男らしくて経済力のある男性が女性の求める結婚条件」というのはもう昔の話。

これから求められるのは、「女性に関心や理解を示してくれる男性」なのです。

これらの条件であれば、自分を変えなくても、女性への接し方を意識するだけで、女性が思う結婚したい男性像に当てはまるのではないでしょうか。

結婚したい男性は、ぜひ覚えておいて下さいね!

合わせて読みたい:

スポンサーリンク