告白の断り方はありがとうもアリ!優しく振られて女性が思うこと5つ!

kokuhaku-kotowarikata-arigatou

人生の中で告白される回数は、普通なら決して多くは無いです。そして、その中で付き合うことになる回数はさらに少なくなりますよね。

こちらにも選ぶ権利があるので、全てを受け入れられません。となると、困るのが断り方です。はっきり断るかありがとうと言ってもいいものか悩みますよね。

実は「ありがとう」を使う断り方はアリなんです。その理由をこれから一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.傷つくダメージが軽減される

告白はとても勇気を出してするものです。人を好きになったことがあるなら、アナタにもその気持ちはわかりますよね。

告白することをクリアしても、「無事付き合えるかな?」「振られちゃうかな」と、返事をもらうまではずっと落ち着けないんです。

そして、OKの返事なら何も問題は無いのですが、振られるときというのはかなりのショックを受けます。

好きな人と付き合えないのですから、悲しくてしょうがありません。振られるだけで相当な傷なのに、謝られたりはっきり断られるとさらに傷が深まります。

そこで「ありがとう」という言葉を使った断り方をされると、結果は残念ですが、これまでやってきたこと、相手を思ってきたことが報われるんです。

そして、この片思いが悲しいものではなく、いい思い出としてずっと残るようになります。

2.友達として今後も付き合うことができる

女性は片思いの相手に告白してきつく振られたら、決してその相手と、友達関係だったとしても、気まずいままで今後も仲良くしたいとは思えません。

一般的な告白の断り方というのは、あやふやにしてまだチャンスがあると思われてもいけないので、はっきり付き合えないことを伝えますよね。

それは、女性からしたら、ある種突き放されて拒絶されているとおおげさに捉えてしまう要素になるのです。

そのため、そのような断り方をされると、できればもう会いたくないというのが本音です。

しかし、「ありがとう」と添えるだけで、突き放してる感が軽減されて、すぐ吹っ切ることができるのです。

気まずいこともないので、これからは友達として仲良くしてもらいたいと思えるのです。振られた後もすぐに、恋心を抱く前の関係に戻ることが出来ます。

スポンサーリンク

3.いい男のまま印象付けられる

男女問わず、何事でも「ありがとう」と言えるのは、人から好かれる人の特徴ですよね。

そして、告白されて振らなきゃいけない状況で「ありがとう」の言葉が出てくるのは、告白した女性もいい印象を抱きます。

女性というのは、別れた男や振ってきた男を悪者にしたがる生き物です。普通の断り方をしたんでは相手の思うつぼで、周りにあることないこと言いふらされるかもしれません。

しかし、ちょっと気を使って言い回しを優しく変えるだけで、とても印象が良くなるのです。

悪者にされるのを防げるだけでなく、その女性の中で、いつまでもいい男として存在することができるのです。

どうせなら振るとしても悪者にはなりたくありませんよね?そしてどうせ忘れられないのなら、いい男として記憶に残りたいですよね?

「ありがとう」を使う断り方は、自分にとっても相手にとってもいいことしかないんです。

4.変な執着心を抱かずにすむ

告白をされて、変な断り方をすると、後々アナタは大変な目に遭ってしまうことがあります。

それは相手に執着心を持たれることです。穏便に事を運ばせないと、恨みを買うことになり、ストーカー化してしまう恐れがあります。

そこで「ありがとう」とフォローを入れることで、恨みを買わずに、穏便に告白の流れを終わらせることができるんです。

女性は、ただでさえ執着心が強いので、後々のことを考えても、「ありがとう」を使った断り方のほうがいいです。

5.次の恋のスタートが切りやすくなる

片思いして振られた後って必ず引きずるんです。これは男性も同じですよね。女性は切り替えが早いとはいいますが、きっかけがないと切り替えも何もありません。

それに、普通に振られたのでは、ネガティブな感情ばかりが出てきて、また振られるのではと思うと次に進めません

女性は振られたあと「次もどうせダメだから」と次の恋に進むのをあきらめてしまうのです。

相手が誰とは関係なく、振られたショックでネガティブになってしまいます。

ところが、「ありがとう」という断り方をされると、ダメージが少ないため、次の恋愛をすることに関してはネガティブにならないのです。

自分が告白したことを認められたと受け止められるので引きずらずにすむのです。

おわりに

いかがでしたか?告白の断り方に「ありがとう」を使うのは、実はアリだったのです。振る側も振られる側も傷が浅く済みます。

でも、やんわりした言い方になるだけで、付き合えないということはしっかりと相手に伝えないと、そこに付け込まれて相手が諦めてくれなくなります。

そうなるとストーカー化する恐れもあるので気をつけてくださいね。

お互いに嫌な思いをしない「ありがとう」という断り方、ぜひ使ってみてください。

合わせて読みたい:

スポンサーリンク