当てはまると危険!?すぐ怒る彼女と結婚!やめた方がいいケース6つ

sukuokorukanojo-kekkon

長くお付き合いをしていると、自然と相手との結婚も考えるようになりますよね。しかし普段は素敵な相手だけど、欠点が…。すぐ怒る彼女との結婚は大丈夫?と、心配になってしまうことも。

あなたに問題があるのであれば直すべきですし、彼女の怒りっぽい性格によるものなら、諦めて受け入れるか直してもらうかしかありませんよね。

今回は特に「結婚はやめたほうがいい」タイプのすぐ怒る彼女をご紹介します!当てはまったら、ヤバいかも…?

スポンサーリンク

1.あなたを下に見ている

相手があなたのことを自分よりも下の存在と考えており、自分の思い通りにならないためにすぐ怒る彼女の場合は、結婚を考え直すべきでしょう。あなたにとっては納得できないような、理不尽な理由で怒ることが多いタイプである可能性も。

機嫌がいいときはいい彼女かもしれませんが、結婚してこれから先ずっと機嫌を取り続けることができるのか…という点が問題です。お互いの気持ちを尊重できないのであれば、結婚して一生を共にするにあたって片方の負担が大きくなってしまいますよね。

もちろん全員がそうではないのですが、女性の中には「自分は女なんだから優先されて当然」と考えているタイプもいるんです…。そういったタイプの女性の場合、その友達も同じような思考であることがほとんど。

喧嘩になった際もあなたの意見が通らないどころか、彼女の仲間たちから集中攻撃をうける可能性もあります。対等な立場を築けないすぐ怒る彼女であれば、要注意です。

2.何に対しても不満を言う

何をしても不満や愚痴ばかり、イライラしてすぐ怒る彼女であれば、すでに彼女の中では「怒ること」そのものがステータスになっている可能性があります。

完璧主義と言えば聞こえはいいのですが、何に対しても満足しない、妥協できずに怒るのではあなたにとっても結婚してからストレスになってしまいます。また子供にも多くを求めてしまうため、のびのびと育てたいと考えているならやめたほうがいいかも。

今は我慢できる範囲だとしても、結婚して家族、つまり身内の人間になってしまえば、自分のパートナーとしてのあなたへの欲求はさらに高まっていきます。仕事の役職や給料、家事や休日の過ごし方、子育てに関して…毎日のように不満や愚痴をぶつけられるのは、正直つらいですよね。

あなたが毅然とした態度でそれを注意できるのであれば気にならないかもしれませんが、性格はすぐに変えられるものではありません。広く大きな心で受け止めることが難しいようであれば、すぐ怒る彼女とは結婚しない方がお互いのためにもいいでしょう。

スポンサーリンク

3.甘えから怒ってしまう

あなたを信頼して、甘えてしまうからこそ理不尽になってしまうタイプのすぐ怒る彼女も、結婚は少し考えたほうがいいでしょう。こういった場合「相手があなただからぶつけても許される」「嫌われない」と思っているため、本人も悪気があまりありません。

悪気はないのですが、その反面意識できてもなかなか直すことができない場合もあります。あなたが優しく受け入れ、受け止めてくれるタイプの男性であれは、実は余計にエスカレートさせてしまうんです。

あなたを試すようにわがままを言ったり、小さなことであげ足をとるようにすぐ怒る彼女…。付き合っているうちは可愛いで済むかもしれませんが、結婚して家庭を持つようになれば一緒に暮らしていくと疲れてしまい、なによりあなたの負担が大きくなりすぎてしまいます。

またこういったタイプは外面がいいため、あなたに対しては理不尽にすぐ怒る彼女でも、あなた以外の人間には愛想よく親切であることも。結婚してからうまくいかず、周りの人に相談しても、あまり真剣に耳を傾けてもらえない可能性があります。

4.怒り方が暴力的である

機嫌が悪くなったり文句を言う程度であれば、あなたさえ良いのであればなんとかなるかもしれません。ですが、すぐ怒る彼女が暴力に走ってしまうタイプであれば、結婚はやめたほうがいいでしょう。

怒りの感情や攻撃のエネルギーをそのまま他の人間やモノにぶつけてしまうのは、結婚してからは完全にDV行為となる危険性があります。例えばいまはすぐ怒る彼女というだけですが、結婚して子供が産まれ、まだ小さな赤ちゃんが思い通りにならないとなると…。イライラを暴力という形でふるってしまうことすら、考えられるわけです。

本人は直すと言っていても、カッとなって暴力をふるってしまうタイプはいざ怒ると頭に血が上ってしまって何も考えられないことが多いです。あなた相手であれば、男性で自分より力がありますからたいしたことのない暴力かもしれません。でも小さな子供に対しては危険な行為となりますよね。

暴力をふるうことにためらいのないタイプのすぐ怒る彼女であれば、結婚はしない方がいいでしょう。

5.感情がコントロールできない

情緒不安定なタイプのすぐ怒る彼女です。感受性が豊かで機嫌が良ければ一緒にいて楽しいし、普段は魅力的なタイプかもしれません。

ですがネガティブ・マイナスな感情をコントロールできなくなると危険です。あなたやあなたの子供、お互いの親族などに対しても感情的に接してしまう可能性も考えられます。

ただでさえ女性は男性と比べて感受性が豊かであったり、感情が先行してしまうタイプが多くなっています。その中でもさらに自分の感情を自分でコントロールできないタイプとなると、おそらく男性からはなぜ怒っているのか理解することが難しいでしょう。冷静に考えれば取るに足らないことでも、すぐ怒る彼女の中では大事件になっているかも…。

もちろんそういった母親を見て育つわけですから子供の教育にもよくないし、子供も感情をコントロールできなくなってしまう可能性も。家庭を守れるのがあなただけになってしまうようでは、結婚しても支え合うことは難しいんです。

6.頑固で歩み寄りがない

結婚して夫婦になるのですから、当然お互いに支え合い、助け合って家庭を作っていくのが理想ですよね。しかし頑固ですぐ怒る彼女は、自分の考えが絶対に正しい、世間一般の常識だと強く思い込んでいることが多いです。

また自分の中の常識から外れたり、自分の意見と違っていたりすると、それが受け入れられずに、結果としてすぐ怒る彼女になってしまっていることも。もとは他人同士のふたりが一緒に生活していくわけですから、お互いの希望全てを叶えようとすることはかなり大変なことです。

頑固で歩み寄りもなくすぐ怒る彼女と結婚してしまうと、あなたの意見を受け入れてもらえないことは増える一方でしょう。カンカンに怒らせてしまうと、話し合おうとしても聞き入れてもらえない可能性も…。

結婚を本気で考えているのであれば、お互いに一方的な要求をしない、歩み寄る努力をするとしっかり事前に話し合うことは必須でしょう。

おわりに

いかがでしょうか?大好きでお付き合いしている相手とはいえ、結婚となると話が変わってきます。

今回は女性から見ても「やめたほうがいいかも」というタイプを挙げさせていただきました。ですがもちろん、相手がすぐ怒る彼女とは言え、必ずしも同じとも限りません。

どちらにしても結婚前にお互いのことを見つめ直す、話し合うなどの機会は必要なのかも。ぜひ結婚で失敗しないよう、参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい:

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆかこ

平成生まれ、東京のオフィスで働く現役OLです。これまで年下の男の子から年上の恋愛経験豊富な方まで、さまざまな立場の方とお付き合いをしてきました。女目線でしか気づけないこともあると思います!本音だからこそ、実際の場でお役に立てるような記事をめざします。