職場の年上女性にアプローチしたい!効果的に距離を縮める言動7つ!

toshiuejosei-approch

「職場に気になる年上女性がいるけど、どうやってアプローチしたらいいかわからない…」

職場となると、仕事上の付き合いもあるので、変にこじらせて気まずくなっても困りますよね。

でも、年下男子だからこそ、年上女性をキュンキュンさせる魅力がたくさんあるんです!

今回は、職場の年上女性と効果的に距離を縮められる言動をご紹介します。

これで、先輩・後輩の関係から一気に進展させちゃいましょう!

スポンサーリンク

1.元気に挨拶する

まずは、年下男子の「可愛い一面」を使ってアプローチする方法をご紹介します。

社会人なら挨拶は基本ですが、「元気に」というところがポイントです。会話に緊張してしまう場合でも、挨拶なら誰でもできますよね。

廊下ですれ違うとき、年下男子が元気に挨拶をしてくれると、年上女性は仕事の疲れが一気に吹き飛んじゃうんです!それだけで印象がよくなり、評価も上がっちゃいますよ。

もし余裕があれば、「今日も素敵ですね」など、挨拶に一言プラスするとより印象に残ります。そこから会話に発展することもありますので、まずは挨拶できっかけをつかみましょう!

2.ごはんをモリモリ嬉しそうに食べる

年上女性は、年下男子の若さ溢れるエネルギーと、無邪気な一面を「可愛い」と感じます。

ランチや飲み会の場で、嬉しそうに「おかわり!」なんて言われたら、もうたまりません!「今度うちで何か美味しいものでも作ってあげたいわ!」と、母性本能をくすぐられてしまうんです。

また、年上女性は、年下男子と一緒にいると「自分も負けないように元気でいたい!綺麗でいたい!」という意識が働きます。

そして、なんだか自分も若くなったような気になり、一緒にいて楽しくなってくるんです。

ぜひ、あなたのエネルギーを分けてあげられるような存在を目指してくださいね!

スポンサーリンク

3.相談に乗ってもらう

年上女性は、人生や仕事の上では先輩です。経験もプライドもあるので、それを素直に認めてくれる年下男子に相談されると、「なんとかしてあげたい!」と頑張ってしまうものなんです。

その際、「○○さんにぜひ相談に乗ってもらいたい」「○○さんにしか相談できない」など、特別感や親密感を出してアプローチすることがポイントです。

また、「相談に乗ってもらいたい」と言えば、自然に二人きりでの食事に誘い出すこともできますよね。

相談内容は、真面目な内容がベストです。真剣に物事に向き合う姿や、下心のない誠実な印象をアピールすることができるからです。

もちろん、相談に乗ってもらった後は、「○○さんのおかげで解決してよかった!」「○○さのアドバイスで前向きになれた!」という感謝の気持ちをしっかりと伝えてくださいね。

4.仕事を頑張る

ここからは、年下男子の「男らしい一面」を使ってアプローチしていく方法をご紹介します。

男としての魅力を感じてもらうには、まずは仕事で認めてもらうことが近道です。仕事を頑張っている姿は、必ず年上女性の目にも留まります。

例えば、ミーティングなどで積極的に発言したり、後輩や同僚をフォローしている姿を見せたりすることで、「彼、なかなかやるじゃん!」と思わせることができます。

同じ職場でなくても、仕事のできる人の噂は会社中に広まるものです。上司や同僚など、第三者からの評価も重要です。

また、仕事で成果を出して周りに認められれば、年上女性と対等な立場でアプローチできるチャンスにもなります。

「ただの後輩」から一歩抜け出る存在になりましょう!

5.こまめに気遣う

年上女性が仕事で忙しそうにしているときは、「手伝いましょうか?」と積極的に申し出たり、落ち込んでいそうなときには、「大丈夫ですか?」と優しく声をかけたりしましょう。

女性は、自分の頑張りを見てくれている人に好意を抱きます。

ときには、コーヒーやお菓子などの、ちょっとした差し入れをしても喜んでもらえますよ。

また、「○○さんがいると職場の雰囲気が良くなりますよね」「○○さんの教え方上手ですね」など、いいところを見つけたら積極的に褒めることも効果的なアプローチ方法です。

そういった日々の気遣いを積み重ねることで、年上女性の心をグッとつかむことができるようになります。

6.女性として優しく接する

特に姉御肌や責任感の強い年上女性は、「先輩だからしっかりしないといけない」など、どうしても年上としての意識が先行してしまい、年下男子に甘えられない傾向にあります。

仕事上では、ついつい強がって男勝りになってしまうこともあります。

でも本当は、年下男子にも女性として見てもらいたいし、甘えたいときだってあるんです。

そこで、重い荷物を持つ、ドアを押さえる、エスカレーターや階段で落ちないように下にいるなど、さりげない気遣いやエスコートで、女性として優しく接してあげることが大切です。

また、一歩踏み込んで、「辛いときは泣いてもいいんですよ」なんて言われたら…我慢していた気持ちが崩壊し、「○○くんハグしてー!」なんて言ってしまいそうです。

7.プライベートではフランクに付き合う

少し仲良くなって、プライベードでも連絡を取るようになったら、仕事よりもフランクなやりとりを意識してアプローチしましょう。

プライベートでは先輩・後輩の枠を外すことで、恋愛対象としての意識が芽生えるからです。

例えば、「敬語は使わなくていいよ」と言われたら、遠慮せず、そのとおり従ってみましょう。

また、プライベートでは、下の名前やあだ名で呼んでみたりすると、親密感が高まります。

女性はある程度年齢がいくと、年下男子はアリだけど、相手にとって自分は恋愛対象外なのではないか…という思い込みを持っているため、最初から遠慮がちになってしまっています。

そのため、年下男子からのアプローチがないと、なかなか発展しづらい傾向にあります。

プライベードでも連絡が取れるようになったなら、積極的にアプローチしちゃってください!

おわりに

いかがでしたか?

簡単に言うと、年上女性は、年下男子の「可愛い一面」と、「男らしい一面」の「ギャップ」に魅力を感じるものなんです。

可愛い一面で母性本能をくすぐり、男らしい一面でドキドキさせられるなんて、年下男子って実は最強ですね!

最近は、ドラマや漫画の影響もあって、女性の間で年下男子がすごく人気があるんですよ!

年下であることを武器に、自信を持ってアプローチしちゃってください!

合わせて読みたい:

スポンサーリンク