女性との会話で苦手意識をなくしたい!話が上手く続く方法6つ!

joseitonokaiwa-nigate

過去の経験でトラウマになっていたり、男子校だったために会話の仕方がわからなかったり、そもそも女性との会話が苦手だったり・・・。悩みは人によって様々だと思います!

でも、女性との会話の苦手意識って、すぐにでもなくしたいですよね。今回はあなたに女性との会話が楽しくなる魔法をかけたいと思います!全部読み終わる頃には女性と話したくてうずうずしているはずですよ♪

スポンサーリンク

1.まずは女性だけど自分と同じ”人”である意識をもって

ひとくくりに相手が女性だからきっと話も合わないだろうと決めつけてしまっては、もったないですよ。相性がいい人もたくさんいるはずです。

まずは”女性との会話”という意識を捨てて、自分と同じ”人”という意識を強く持ってみてください。ひとくくりに女性といっても様々な女性が存在します。あなたと同じような男性との会話が苦手だという悩みを持っている女性もいますし、同性より異性と話す方が気が楽だという女性も存在します。

同じ男性同士でも気が合う合わないがあるように、異性同士も同じです。まずは、話しやすい女性か見極めることが大切です。

2.女性との会話慣れしている男友達から技を盗む

女性との会話のコツを学ぶには一番の近道です!いつも女性との会話を楽しんでいる男友達を見て、すごいなあとかいいなあとか思っているだけではもったいない!

例えば相槌一つでも、女性との会話慣れしている男友達は会話が続くポイントを押さえています。仕事などでも聞いてばかりでなく見て学べと言われるように、ただ黙って聞いているだけではもったいないですよ。ここぞとばかりに男友達の会話術を盗んじゃいましょう!

スポンサーリンク

3.共通の趣味で会話を楽しむ

男性同士でも共通の趣味を持っている人とは親しくなりやすいものでしょう?それと同じで女性とも共通の趣味を持っていると親しくなりやすく、会話が続きやすいです。女性との会話が苦手でも、共通の趣味の会話なら、無理に合わせなくても盛り上がること間違いなしですよ!

同じ趣味を持っている人を見つけることが難しい場合は、ネット上で好きな趣味の集まりなどを探し参加するのも一つの手です。一人で参加する勇気がないまたは苦手な場合は、男友達を連れて一緒に参加すると良いですよ♪

4.自分の話ばかりでなく相手の話にも耳を傾けて

よくモテる女性は”はひふへほの法則”を会話の中で使っていると聞いたことはありませんか?

は・・・「ははあ」と納得する
ひ・・・「ひひひ」と笑う
ふ・・・「ふーん」と上手く聞き流す
へ・・・「へーえ!」と驚く
ほ・・・「ほほう」と感心する

この”はひふへほの法則”ですが、女性が男性に使うだけではなく、男性が女性に使うのも有効なんです。女性も自分の話していることに興味や関心をもってもらえると嬉しいものです。

自分だけがずっと話し続けるのではなく、女性側の話にも耳を傾けて、”はひふへほの法則”を取り入れて女性との会話が続けられるようになりましょう。

5.自分自身に自信を持って

一番大事なことは自分自身に自信を持つことです。女性との会話が苦手だし、こんな俺と話したい女性なんていないだろうと卑屈になってしまっては、ますます苦手意識が強まるばかりです。

街ゆく人を見ても、背筋が丸まっていていつも下を向いているような男性より、背筋もしっかり伸びていてシャキッと前を向いているような男性の方が、素敵で輝いて見えますよね?

自分自身の自身の無さは姿勢や態度、仕草や話し方にも出てきます。背筋を伸ばし覚悟を決めたうえで、いっそのこと当たって砕けろ精神で話してみてください。自分に自信を持っていない男性より、頑張って話そうとしてくれるあなたの方がずっと魅力的に映ります。

6.下ネタは絶対NG

男友達同士で話題にあがりやすい下ネタですが、これは女性との会話においては絶対NGです。女性からその手の話を振ってきても、同じ程度のレベルでかわしてください。

「お!この子下ネタいけるんだ!」と勘違いして、だいぶ深いところまで掘り下げると、ドン引き確定です。デリカシーのない人だと思われて、女性から苦手意識を持たれてしまったり、嫌われてしまうこともあるので要注意です!

おわりに

いかがでしたでしょうか?あなたが女性との会話への苦手意識を持ったまま女性と話そうとすると、女性側もあなたが持つ苦手意識を感じ取ってしまいます。そのため、あなたと会話を続ける気がおきず、結果的に話も盛り上がらずにあなたの苦手意識は取り除けないまま終わってしまいます。

女性との会話をうまく続けるうえでのポイントをしっかり押さえて、苦手意識をなくし、女子との会話そのものを楽しめる素敵な男性になってくださいね♪

合わせて読みたい:

スポンサーリンク