心配すぎる…!モテる彼女に嫉妬!不安と上手に付き合う方法6つ!

moterukanojo-shitto

誰だってモテないよりはモテる方が良いと思うものですが、自分の彼女が他人にモテすぎると心配になりますよね。

自分以外の男性と仲良くしていたりすると、頭ではわかっていてもついつい嫉妬してしまうもの。

モテる彼女を持つとどうしても心配や不安がつきものです…。しかし、せっかくなら胸を張って自慢の彼女だと思いたいところですね。

今回は、ついついモテる彼女に嫉妬したり不安になってしまう心理と上手に付き合うコツをご紹介!

スポンサーリンク

1.彼女をリードする意識をもつ

彼女があまりにモテモテだと、悔しいような寂しいような気持ちになってしまいますね。

ここはむしろ、自分が恋人として彼女をひっぱっていってあげる!くらいの気持ちでいたほうが精神的にも楽になります。

あなたもオトナの男性なら紳士的にエスコートして、彼女を惚れ直させるくらいのつもりでいましょう。

いくらみんなにモテる彼女であっても、やっぱり自分の彼氏には甘えたい、頼りたいと思うもの。自分に自信があって堂々としている男性の方が、女性としては頼もしく感じるものです。

自信がないから嫉妬してしまう、嫉妬してしまう自分にまた自己嫌悪…という悪循環になっていませんか?

あなたが意識してしまうほどモテる彼女なら、逆に言えばそれだけ付き合う相手も選べたはず。

その中から選ばれたのがあなただったのだから、彼女にとってはそれだけ価値があると思っていいのではないでしょうか。

とはいえ行き過ぎた束縛や過保護になってしまっては、かえって関係が悪くなってしまいます。適度な距離感を大事にして。

2.モテる理由を理解して受け入れる

他人にモテる彼女には、やはりそれなりにモテる理由があるものです。なぜモテるのか考えてみたことはあるでしょうか?

人間は理解できないものや、よくわからないことに対して不安になってしまうもの…。

原因がわかれば、案外嫉妬せずに気が楽になるかもしれませんよ!

ルックスがいいとか、社交的で華やかだから。性格がいい、など人柄のおかげでモテる彼女であるかもしれませんね。

ポジティブな理由でモテる彼女であれば、それは彼女の美点であると受け入れようと意識してみましょう。

もしも彼女に隙があるとか、なんとなく気が弱いといった部分につけこまれて声をかけられやすいなら要注意です。

それはモテる彼女なのではなく悪い意味で、ただ弱い女性として「狙われている」だけ。嫉妬している場合ではないので、あなたがしっかりとガードしてあげて!

スポンサーリンク

3.ヤキモチは冗談っぽく伝える

たとえモテる彼女であろうとなかろうと、付き合っていればまったく嫉妬しないというのは考えにくいことです。

とはいえ、嫉妬はストレートに言ってしまうと少しトゲがある物言いになってしまうかもしれませんね。

ヤキモチは冗談ぽく、コツとしては「ちょっぴり文句」+「褒め言葉」で伝えるのがオススメです。

あからさまに機嫌を悪くしたりするのは、コミュニケーションの取り方としてもよろしくありません。あなたも逆の立場だったら、感情的にキレられるよりは可愛く嫉妬されたいですよね?

例えば「キミも声かけられないように気をつけてよ」という文句に、プラス「可愛いんだから、自覚して!」と褒めてみる。

恥ずかしいかもしれませんが、冗談にしてしまえばなんてことありません。

モテる彼女だから仕方ない…と我慢したりため込むのもストレスになってしまいます。

こまめに気持ちを伝えたほうがあなたも楽だし、彼女も嬉しいはず。うまくいけば「カレが妬いちゃうから♪」と自分でモテすぎないように気をつけてくれる可能性もありますよ。

4.いらない心配はしない

モテる彼女に嫉妬してしまったり、不安や心配になるのは彼女をちゃんと信用できていないからかもしれません。

「心配は身の毒」ということわざがありますが、いろんなことを気にしすぎること自体がストレスとなってしまいます。

嫉妬や悪いほうへとばかり考えて結局自分で自分を追い詰めてしまっているというわけです。

心配したからといって彼女がモテなくなるわけではありません。この機会にお互いの信頼関係を見つめなおしてみることも大切ですね。

あなたとモテる彼女とが対等な立場で、きちんとお互いを信頼し合っていれば、相手もちゃんとあなたと一緒にいることを選ぶはず。

あなたが彼女を好きでいるように、彼女はあなたのことが好きで一緒にいるのです。モテる彼女だからと言って、本人がしっかりしていれば変なことは起こらないもの。

とはいえモテる彼女が遊び好きで、あなたのことなど気にしないような性格なら、嫉妬しても心配しても無駄でしょう。

いっそ別れてしまって新しい彼女を探したほうが幸せかも…。

5.ネガティブな言動はとらない

「どうせ俺なんか…」「お前はモテるから…」とネガティブなことを言ってしまってはいませんか?

嫉妬から自虐的な言動に走っても、モテる彼女の気を引くどころかますます嫌がられるだけです。やめましょう。

誰でもポジティブで、一緒にいてお互いに気持ちのいい相手と付き合いたいものです。

たとえネガティブな気持ちになってしまっても、彼女にはぶつけないように気をつけたほうがいいでしょう。モテる彼女に、モテることに対する不満をぶつけても、後からあなたが苦しくなるだけです。

しかし不安や嫉妬心をため込みすぎてしまうのもつらいですね。ですから、当人ではなく信頼できる友人などに話を聞いてもらうのはアリです。

恋人同士であってもなにもかもさらけ出した方がいいとは限りません。モテる彼女に対しても気を遣わなくてもいいというわけではないのです。

嫉妬してしまっても、一度冷静になってみて。あなたと一緒にいることが居心地いい、と感じさせれば彼女もずっと一緒にいたいと思うはずです。

6.彼女と自分を比べない

モテる彼女がコンプレックスに感じて、嫉妬しまったり不安になることも。

しかし彼女と自分を比べることは、あまりにも無意味なのでやめたほうがいいでしょう。

そもそも男女で魅力的に感じる部分も大きく違っているものです。

彼女には彼女の魅力がありますが、当然あなたにはあなたのいいところがあるはず。

彼女ばかりに目を向けてしまいがちですが、自分の周りも見てみましょう。

あなたを慕ってくれる友人や、職場の人間だっているはず。お互いにいいところがあるから付き合っているのです。

また、どうしても負い目に感じてしまうなら、あなたも同じように自分を磨いてみては?

嫉妬するだけでなく、そのエネルギーを生かしてポジティブな方向に何か行動してみてみましょう。

それがいい方向に転がったり、あなた自身の自信につながっていけば、モテる彼女ともとてもいい関係が築けそうです。

おわりに

いかがでしょうか?モテる彼女と自分を比べてしまったり、彼女に言い寄る男性の存在を感じて嫉妬してしまったり…。

恋人が人気者だと心が落ち着かないかもしれません。ですが逆に言えば、モテる彼女だからこそ、あなたの中に安心感や魅力を感じて付き合いたいと思っている場合もあります。

悪い方向へばかり考えてしまうよりは、ちょっとお気楽な気持ちになってみることも大切ですよ!

合わせて読みたい:

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆかこ

平成生まれ、東京のオフィスで働く現役OLです。これまで年下の男の子から年上の恋愛経験豊富な方まで、さまざまな立場の方とお付き合いをしてきました。女目線でしか気づけないこともあると思います!本音だからこそ、実際の場でお役に立てるような記事をめざします。