なんでダメ!?婚活がうまくいかない男性!失敗する原因と対策6つ!

konkatsu-umakuikanai-dansei

最近では婚活する男性自体が珍しいものではなくなりましたね。

出会いを求めて行動してみたものの、なぜか毎回うまくいかない…。ちょっといいなと思っても、二回目、三回目につながっていかない。一体なぜ!?と頭を抱えてしまうことも。

うまくいかないときは、まず原因を追究してみましょう!今回は婚活で失敗続きの男性のために、うまくいかないパターンをご紹介します!

スポンサーリンク

1.理想が高い

婚活がうまくいかない原因として考えられるもの、まずはその「理想の高さ」です。そんなことはない、たいして理想なんてない!と思われるかもしれませんね。ですが大抵の男性が考えているよりも、いつの間にか理想が高くなっていることも。

実はなにもかも「普通」な女性ほどかえって求める男性が多く、婚活において競争率が高いためうまくいかないのです。高い競争率の中ではたして勝ち抜けるのでしょうか?

ただでさえ競争率が高いのに、たとえばそこに「親と同居してほしい」等の希望も乗っかってくれば、婚活はどんどん難しくなります。うまくいかないのも当然。まずは自分が求めるだけの基準を、そもそも自分もクリアできているのか見つめなおしてみましょう。

同じだけ自分も相手に与えられる、と思えるなら、もうすこし理想の女性のハードルが下がってくるのでは?足りないと思う部分は、あなた自身も補っていく姿勢でパートナー探しをしてみることも大切ですよ。

2.プライドが高い

意識しないプライドの高さが邪魔をして、婚活がうまくいかないことも考えられます。自分に自信のある男性は魅力的でモテますが、行き過ぎると嫌われてしまうんです。

たとえお金持ちでルックスも良かったとしても、結婚して一生一緒にいることを考えると性格も重要視されるもの。そのつもりがなくとも、無意識にそれが態度に出てしまうのでうまくいかないのです。

例えば自分が断られるわけがないだろうと思っていると、女性はそういった気配を察知するのが得意ですからすぐ見抜いてしまいます。あなた自身に悪気はなく、実際にすばらしい実績や経歴があったとしても、女性は自分を大事にしてくれなさそうな相手はスッパリ切ってしまうもの…。

「この人、自分のことが大好きなんだな」と思われてしまうと婚活はうまくいかないでしょう。その後関係を進展させていくのは困難に…。

たとえ自分に自信がありプライドがあるとしても、あくまで恋人や夫婦になろうとする相手には、対等な関係であることを意識してみて。

スポンサーリンク

3.プロフィールがわかりにくい

近頃はインターネットや婚活アプリでの出会いも珍しくないですよね。例えば写真うつりが悪い、逆にキメ過ぎて普段のあなたの姿が想像つかないなど、第一印象ともなるイメージがピンと来なければ見てももらえません。

また経歴や出身地、趣味など、必要な項目を埋めるだけでは情報としては足りないため、これもうまくいかないでしょう。そもそも女性側も、婚活をする以上は何かしらお互いに理由があると思っているものです。わけもなく出会いたいだけの男性とはお付き合いしたくはないですから…。

「仕事一筋で出会いがなかった」「なかなか気の合う人と出会えなかった」などの理由を求めています。お互いにパートナーを探している以上、なぜあなたがフリーでいるのかがハッキリしていたほうが女性も安心するでしょう。

自分がどういう気持ちで婚活しようと思うに至ったかなど、感情的な部分が知れると女性はあなたに共感しやすいですよ!

4.積極性がない

婚活がうまくいかない原因として、出会いの場に参加しただけで安心してしまっている可能性があります。自分から積極的に相手を知ろうとする、自分を知ってもらおうとしなければ何もスタートしません。

「なんでもいいよ」「好きなのでいいよ」は相手想いなのではなく主体性がないだけということ。本当にあなたがいい男性だとしても、積極的でないだけで女性としては物足りなく感じてしまいうまくいかないのです。

せっかく知り合って、何度かデートをするようになっても、あなたから行動しないのでは女性側もそれ以上踏み込みにくいと感じてしまいます。この人、本当にわたし相手で満足しているのかな?と思ってしまったり。

まずは思い切って行動を起こしてみてください!デートを提案したり、しつこくない程度にマメにLINEやメールを返すように意識して。

最初に顔を合わせたときからある程度の積極性がなければ、同じように婚活している女性はすぐ次の男性を探してしまうでしょう。ゆっくりし過ぎるといつまでもパートナーを見つけられないかも…。

5.一方的にアピールしすぎる

逆に、パートナーを見つけることに焦るあまり、一方的になり過ぎてしまうためうまくいかないパターンです。メールやLINEの返事を急いだり、相手の予定もかまわずにデートに誘ってしまうなど。出会って間もない男性にグイグイ来られると女性は抵抗を感じてしまいます。

子供っぽいな、押しの強い人だなと思われてしまうと、どうにもうまくいかないでしょう。ハッキリ言って押しの強さだけで女性をオトせるのは学生までです。

将来を見据えて婚活するような社会人の女性は、グイグイ来られてもかえって冷静になってしまうでしょう。相手の都合を考えなかったり、あなたの感情ばかりを優先させてしまうようでは一緒に家庭を築きたい男性とは思われません。

うまくいかないことが多いと焦ってしまうものですが、一度冷静になってじっくりアプローチしてみては?

6.TPOに応じて振舞えていない

ある程度年齢を重ねたオトナなら、TPOやその場に応じた振る舞いができることを求められて当たり前ですね。特に婚活の場では言動に限ったものだけでなく、服装やマナーなども含めて見られていると思ったほうがいいでしょう。

テーブルマナーが悪かったり、店員や子供など自分より立場の弱い人間に対して態度がよくないのも礼儀がなっていないと思われてしまいます。また意外と多いのが、節約などと言ってファミレスやチェーンのコーヒー店などに連れて行ってしまうパターン。

そういった場所では周囲との距離が近かったり、騒がしかったりと落ち着いて話ができないことが多く、うまくいかないのも当然です。付き合って随分経つならともかく、これからお互いを知ろうという機会にいくらかのお金もかけられないのか、とガッカリされてしまいます。

普段は節約していたとしても必要なところでは出す、というのはTPOに応じた振る舞いのうち。せっかく婚活するのだから出会いの時くらいは気にしてみたほうがいいかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?参考になったでしょうか?

実際に婚活を始めてみると、思っていたよりうまくいかないことも多くて、焦ったり悩んだりする男性も少なくありません。ですがそれは女性側も同じです。

お互い一緒にいてくれるパートナーを見つけることに一生懸命になること、気遣いや思いやりを欠かさないこと。結局こういった点をきちんとしていれば何とかなるものです。

再度自分を見つめ直して、諦めず婚活にトライしましょう!

合わせて読みたい:

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆかこ

平成生まれ、東京のオフィスで働く現役OLです。これまで年下の男の子から年上の恋愛経験豊富な方まで、さまざまな立場の方とお付き合いをしてきました。女目線でしか気づけないこともあると思います!本音だからこそ、実際の場でお役に立てるような記事をめざします。