元カノが気になる時は?つい陥ってしまう状況ごとの対処法8つ!

motokano-kininarutoki

別れた彼女はどうしてるんだろう…なんて気になる時がありませんか?女性は新しい恋をすればデータを上書きしていくと言われていますが、どうやら男性はそういう生き物ではなさそうですよね。

そんな男性陣が新たな恋を楽しむために、元カノを思い出してしまうシチュエーションと、その時の対処法をお教えします!

スポンサーリンク

1.振ったことを後悔している時

元カノが気になる時は、振ったことを後悔している場合が多いでしょう。この状況に陥るのは、プライドやステータスが邪魔をして振ったという流れがよく見られます。勢いだけで別れてしまうと、何かしらの未練が残るのです。

自分から振った手前、やり直そうとは言い出しにくいですよね。それでも、気になる時は潔く頭を下げて、やり直そうと言ってみてください。その男気をかってくれて、復縁できることがあるかもしれませんよ!

2.彼女ができない時

別れた後にすぐ新しい彼女ができないと、何となく物寂しくなって元カノが気になる時がでてくるかもしれません。それまでの楽しかったことや幸せだった時間を思い出してしまい、余計寂しくなってしまうことでしょう。

そんな時には、とにかく彼女を作ろうと積極的に行動するのが一番です!友達に頼んで合コンのセッティングをしてもらうのもよし、マッチングサービスを利用して自分に合いそうな女性を探すのもいいでしょう。

スポンサーリンク

3.精神的につらくて支えが欲しい時

仕事や人間関係で精神的なダメージを大きく受けた時、一人でいると誰かの支えが欲しくなりますよね。これも、元カノが気になる時です。付き合っていた頃に優しく支えてくれて、励ましてもらっていたことを思い出してしまうのです。

もしヨリを戻そうと思っているなら頼ってもいいかもしれませんが、そのつもりがないのであれば、友達を頼るのがいいでしょう。一緒に飲みに行って愚痴をこぼして聞いてもらうだけでも、相当肩の荷が下ろせるはずです。

4.元カノに彼氏ができたと知った時

共通の友達が多い場合、元カノに彼氏ができたことがやんわりと伝わってきて、無性に気になる時がありますよね。嫉妬だったり、寂しさだったり、悔しさだったり、その感情はとても複雑なもの。

ネガティブな考え方をしてしまいがちですが、それを改めて、ポジティブな祝福モードになるように心がけてください。連絡を取ると思わぬトラブルになるかもしれないので、心の中で「幸せになってね!」と思うようにしましょう。

5.うっかり再会してしまった時

元カノとの再会は、気になる時が増えるきっかけになってしまいます。友達と会ったら偶然その場にいた、結婚式に行ったら参列していた、行きつけの店に行ったらバッタリ…など、接点があるほど再会しやすいですよね。

もし再会してしまった場合には、細かいことはあまり気にしないほうがいいでしょう。話せるようなら友達として話をすればいいし、気まずいなら知らないふりをしてスルーしてしまうのもアリです。

6.彼女ができたばかりの時

彼女ができれば忘れると思っていても、元カノが気になる時はやってきます。特に付き合いはじめはお互いを探っていて、ちょっとしたことでしっくりとこないことが多いので、過去と比べてしまうのです。

でも、比較するのは新しい彼女に対して失礼ですよね。まだ知らないことが多いなら、できる限り彼女のことを知ろうと努力してください。そうしているうちに、しっくりくる瞬間がやってくるはずです。

7.新しい彼女に幻滅した時

新しく彼女ができても、幻滅してしまうような問題が起こったら、元カノを思い出してしまうかもしれません。前はこんなことなかったのに、と気になる時が多くなり、付き合っている彼女のことがどんどん悪く見えてしまうでしょう。

そうなったらまずは冷静になって、彼女と話し合いましょう。どうしても直してほしいところを正直に伝えて、二人の関係をよりよくすることだけに集中してください。過去は過去として置いておきましょう。

8.思い出を呼び起こすものに触れた時

思い出が詰まったものに触れると、どうしても元カノが気になる時がでてきます。プレゼントされたものや、デートで行った場所など、きっかけはたくさんあるでしょう。

もしつらいと思ってしまうなら、捨てられるものは思い切って捨て、思い出の場所にはしばらく近づかないことです。そのうち時間と共にいい思い出に変わっていくと思いますよ!

おわりに

いかかでしたか?忘れたと思っていた元カノが気になる時は以外と多く、そのせいでつらい思いをしてしまうことは結構ありますよね。でも、対処法を知っていればそれも乗り越えられるはず。

過去に囚われて、今の状況を見失ってしまわないよう、思い出はあくまでもただの思い出として保存しておくだけに留めておきましょう。あなたが生きているのは過去でも未来でもなく、現在だということを覚えておいてくださいね!

合わせて読みたい:

スポンサーリンク