好印象!女性との会話のテクニック!カンタンすぐにできる実践法9つ

jyosei-kaiwa-tekunikku

会話を制する者は恋愛を制す」と言い過ぎに思うかもしれませんが、あながち嘘ではありません。

女性は男性と違って普段の何気ない「おしゃべり」で、情報を知り、共有し、共感するからです。

今回は、口下手な男性でも明日から簡単にできるテクニックをご紹介します!

スポンサーリンク

1.相手のテンションに合わせる

気になる女の子から話しかけられたら、彼女のテンションに合わせて返事をして、「この人、話しかけやすい」と相手に思わせることが重要です。

自分が楽しい気持ちで話題を振ったときに不機嫌に返答されたり、自分が悲しいときに話しかけた相手に明るく返事を返されたら、次に続く言葉って中々出てきませんよね。それは、女性も同じ。

女はおしゃべりが好きなので、話しかけやすいと、会話回数が自然と増えます。彼女との距離がぐんと近づく簡単なテックニックです。

2.目を見て話しを聞く

気になる女性から話しかけられたら、どんな話でもじっと目を見て聞きましょう。彼女の印象に深く残ることができます。

目を見て話をすることは会話の基本と言われていますが、じっと見つめて話を聞くことはないですよね?

女性の目をじっと見て話を聞くことで、「熱心さ」を印象付け、きちんと話を聞いてくれる人だと彼女の意識に刷り込むことができ、あなたとのおしゃべりの回数も増えます。

でも、これは諸刃の剣のテクニックです。相手との距離感がまだ縮まっていない場合は逆効果になります。

「目をじっと見つめる=好意の証」なので、好感度の高くない人からじっと目を見られても、女性は「気持ち悪い」と感じてしまいます。1度気持ち悪いと感じさせてしまうと、その印象は中々払拭できません。気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク

3.笑顔で相槌を打つ

悲しい内容や、愚痴など、場面にもよりますが、普段の会話なら、女性の話を聞くときは笑顔で相槌を打つようにしましょう。

笑顔で相槌を打てば、真剣さと共感を同時与えることができるテクニックです。

女のおしゃべりは多くの場合、共感を得たいと思っているので、彼女に「自分の話をきちんと聞いてくれる」と思わせることで、どんどんあなたと話したいと思わせることができます。今後の関係をより深く出来るので、忍耐強く頑張りましょう。

4.話出すときは相手が話し終わってから

自分が話し出すときは、彼女の話がきちんと終わってから始めるようにしましょう。

男性は会話を情報交換として考えているので、女性の話が終わらないうちに、ついつい言葉を遮って質問したり、ツッコミを入れたりします。でも、完全に女性からは嫌がられる行為です。

は、たとえその話にオチがなくても最後までしゃべりたいと思っています。なぜなら、しゃべること自体がストレス発散になり、最後まで話しきれないと逆にストレスを感じるからです。

あなたがストレス対象にならないためにも、しゃべりたい気持ちをぐっと押させて彼女の口が止まるのを見計らって話し始めるのも重要なテクニックです。

5.仲良くなるまでは丁寧語で

気になる女の子と、まだ関係が深まっていない場合は丁寧語で話すようにしましょう。

親しくもないのに、最初からタメ語や男友達と話すようなフランクな感じだと、あなたをマナーのない人や、高圧的な人だという印象を持ちます。

特に言葉遣いが乱暴な人は誤解を受けやすいので気を付けるようにしましょう。多くの女性は優しく紳士的な男性に好印象を持ちやすいので、会話1つでせっかくの関係を崩さないように、このテクニックも頭に入れておきましょう。

6.相手に関係する会話内容にする

気になる女性と話すときに、自分が話し手になる場合、相手に関係する会話内容にしましょう。話す相手を主役にして話すテクニックを使うことで、彼女はあなたの話に食いつきやすくなります。

ついつい、好きな女の子には自分のことを知ってもらいたいと自分のことばかり話してしまいがちになりますが、それは逆効果です。

相手の知らない話をしても退屈されてしまうだけなので、彼女との共通話題や興味がありそうなことを話すことで、彼女はあなたの話を面白いと思って聞いてくれますよ。

7.彼女の良き理解者になる

女性と話しているときは、あなたは良き理解者になるように努めましょう。

よく、女は共感してもらいために会話をするといいますが、逐一話す内容すべてに肯定してばかりでは彼女から「この人自分の意見がないんだ…」と思われてしまいます。

そのため、彼女が話す内容のすべてを肯定して共感を示すのではなく、話の内容を聞いて「俺はAだと思っていたけど、Bを選ぶ君の気持ちはわかるよ。」という相手を理解しているという姿勢でいることをアピールするテクニックを使いましょう。

そうすると、相手から「自分の意見を持ちつつ、しっかりと私の話を聞いてくれる素敵な人」という評価を手に入れることができるのです。

8.アドバイスは求められた時だけ

女性から「アドバイスを頂戴」とはっきり言われない限りは、アドバイスはしないようにしましょう。女の子から「○○だから、Aだと思わない?」なんて話されることがあると思いますが、この場合は同意や共感を求めているパターンです。

ここでアドバイスを丁寧にしてしまうと、あなたのことを面倒な男だと彼女は認定してしまいます。女性はアドバイスが欲しい場合は、「~で悩んでるからアドバイスがほしい」や「~について相談がある」と前もっていわれるはずです。

それ以外は、よっぽどのことがない限りは共感と同意の言葉を望んでいると思って間違いありません。

アドバイスをする際にもテクニックがあります。

男性は好きな女の子のために張り切って細かく丁寧にアドバイスをしてくれる人もいますが、行き過ぎると「ありがた迷惑」になりかねません。

何事も度合が重要なので、しっかりと話を聞き、彼女との会話の中で求められているレベルのアドバイスをすることがポイントです。

9.褒めるときは具体的に

会話の中で女性を褒めるときは、具体的に褒めることで相手の自尊心を満たし、満足感を与えることができます。よく、会話の中で相手を褒めると好感度が上がるなんてテクニックを聞きますが、褒め方が重要です。

むやみやたらに「かわいいね」や「綺麗だね」と言われても漠然としすぎていて嬉しくありません。おしゃべりの中でさりげなく「笑顔がかわいいね」や「手がきれいだね」などと恥ずかしがらずに、真剣な顔で具体的に褒めるようにしましょう。

また、「かわいい」や「綺麗」を言われ慣れている女性の場合は、「かわいいっていろんな女の子に使える言葉なんだよね…」なんて考えていたりしますので、「気配り上手だね」や「優しいんだね」など内面部分を褒めると嬉しく感じますよ。

まとめ

世の中の女の評価とは面白いもので、イケメンよりも、おしゃべり上手な人の方がモテたりしますよね。会話1つであなたに抱く印象ががらりと変わるのが女性です。

あなたもテクニックを上手に使いこなせれば、モテ男になれること間違いありません!ぜひ実践してみてください。

合わせて読みたい:

スポンサーリンク