まちがえてない?女性と距離を縮める方法!正しい恋のアピール6つ!

kyoriwotidimeruhouhou

気になる女性ともっと仲良くなりたい!そして、ゆくゆくは恋人同士に…と思いますよね。しかし、アプローチをしているけれど、「イマイチ手ごたえを感じない…」と不発に感じていませんか?もしかしたらそれ、女性と距離を縮める方法を間違っているかもしれません!

今回は、巷でよく言われている気になる女の子と距離を縮める方法の正しい解釈をご説明いたします。正しく理解して、使用すれば気になるアノ子とぐんと距離が縮まりますよ!

スポンサーリンク

1.連絡は多くし過ぎない

まだ仲良くなっていない段階で、頻繁にLINEやメールを送ることは彼女との距離を縮める方法として満点だと思っていませんか?

実はそれ、間違っている方法かもしれません。気になる女の子と仲良くなっていない段階で頻繁に連絡をすると、彼女はあなたのことをうっとおしく感じているかもしれません。

女の子って、「マメに連絡とった方が喜ぶんでしょ?」と思っていませんか?それは、大きな間違いです。

マメに連絡が来て嬉しいのは、好きな人や恋人の場合です。なんとも思っていない相手から頻繁に連絡が来た場合、迷惑に感じる女性もいることを頭に入れておくことが必要です。

連絡好きの女性もいるので、その場合には有効ですが、LINEやメールなどのこまめな連絡を面倒だと思っている方には逆効果ですので、見極めが肝心です。

LINEやメールを未読スルーや既読スルーされていたり、返信が2日以上空く場合は、確実にあなたとの連絡を面倒だと思っていますので、連絡頻度を落とすようにしましょう。

もしかしたら、連絡が少なくなったことによって、逆に彼女があなたのことを気にするようになる可能性もありますよ!しかし、彼女とそれ以降関係が発展しなかった場合は、早々に諦めることが必要です。

2.会う回数を増やしたいなら普段の「あいさつ」で好印象に!

相手との距離を縮める方法の、気になる女性と会う回数を増やそうとするなら、普段からさわやかな挨拶を心がけましょう。自分を印象付けるために行うので、相手に好印象を与えることが重要です。

彼女と仲良くなるために頻繁に会う回数を増やすことはいいことですが、会う回数を増やそうとデートに頻繁に誘っても、相手に脈がなければ断られますし、無理して話しかけても会話が弾まなかったら、下手をすると彼女との距離は縮まらず、「この人変な人だな」という印象だけで終わってしまう可能性があります。

そうならないためにも、適度に良い印象を付けることが必要です。そんなときに有効なのが挨拶です。

挨拶なら毎日行えますし、無理に話そうとしたり、デートにさそったりしてグダグダな印象を付けるよりかはよっぽど効果的な距離を縮める方法です。刷り込み効果は重要なので、さわやかな印象とともに会う回数をこまめに増やしましょう。

スポンサーリンク

3.褒めるときは具体的に!

よく、気になる女の子との距離を縮める方法の「褒める」とは、具体的に褒めて彼女の自尊心を満たすということです。

例えば、何度も「○○さんってかわいいね。」というよりも「○○さんの笑顔はかわいいね」や「よく気が付く優しい子なんだね」など、具体的に褒めることで彼女はあなたの言葉に満足感を感じます。

あなたは彼女のことをかわいいと思って褒めていると思いますが、彼女は自分のどこをあなたがかわいく思っているのかはわかりません。

そのため、何度も漠然と褒めることを繰り返すと、最悪の場合「この人はいつもかわいいっていうけど、口だけなんだろうな」と思われてしまいます。

具体的に褒めることで、あなたのことを「よく気が付く人だ」と相手から思ってもらえるようになるので、好印象も与えることができる効果的な距離を縮める方法なのです。

4.会話は「共通する話題」が大切

女の子はおしゃべり好きなので、距離を縮める方法としては友好的な手段ですが、その時に自分の話ばかりをしないようにしましょう。なぜなら女性は「この人は自分の話ばかりで私に興味がないんだな…」と感じるからです

女と男の会話の認識は全く異なります。女は会話によって、コミュニケーションをとり、情報を共有し、ストレス発散をするのです。一方男は、会話は情報共有です。

そのため、双方の会話の価値観は全く違います。このことを頭に入れて好きな女性と会話に挑むことが大事です。そして、女性からあなたに話しかけてきた場合はあなたに興味があるということです。

好きな女の子に自分のことを知ってもらいたいという気持ちはわかりますが、せっかくのチャンスを棒に振らないためにも、会話は相手と共通する話題にしましょう。

もし、共通する話題が思い浮かばなかったら、思い切って彼女に会話の主導を渡しましょう。そうすれば、彼女の性格もわかりますし、会話で距離を縮める方法としては簡単なので、おすすめです。

5.名前をよく呼ぶときは普通の呼び方から

相手の名前を呼ぶときは最初は「ちゃん」や「さん」をつける普通の呼び方から始めましょう。

女の子と距離を縮める方法として、「自分だけの特別の呼び方で相手を呼ぶという方法」がありますが、まだ距離感すらつかめていない女の子に実行してしまうと、嫌われる可能性があります。

親しくもない人からいきなりあだ名で呼ばれたら最初、戸惑いませんか?しかも、特別な呼び方やあだ名呼びは相手が嫌いな呼び方もあるので、地雷率が高いので注意しましょう。

また、最初から呼び捨て呼びをする人いますが、特に下の名前の呼び捨ては、特別な人以外は呼ばれたくないという人もいるので、関係が親しくなるまでは「ちゃん」や「さん」を付けて名前を呼ぶことが気になる彼女との最短の距離を縮める方法ですよ。

6.ミラーリングは「自然に」する

女性と距離を縮める方法として「ミラーリング法」があげられますが、あからさますぎると相手に気付かれてひかれてしまうかもしれないので、注意しましょう。

ミラーリングとは、簡単に言うと同調効果のことで、つい好きな相手と同じ行動をとってしまう…という心理学ですが、それを自然と相手の前でできるのであれば問題ありませんが、慣れない人が行ってしまうと相手に気付かれた場合に、「この人、ミラーリング効果を狙ってやってるんだ…」と思われたり、最悪引かれる場合もあります。

このミラーリング効果、実は女性の間でも「男性に効果のあるモテテク」としてネットなどで取り上げられています。

そのため、女性も知っている気になる異性と距離を縮める方法なのです。そのため、知っている人も多いので、わざとやると高確率で相手から気付かれてしまうので、あまりおススメできません。

ミラーリング効果は、無意識に出てくるものです。心理法を操るモテテクよりも、彼女の話を熱心に聞いて、気になっている女性から「この人私の話をきちんと聞いてくれて、話しやすいな♪」と思わせる方が、彼女との距離はぐっと近づきますよ。

まとめ

頑張ってアプローチをしているのに手ごたえがないと心が折れそうになりますよね。即効性のあるアプローチ法なんてありません。

コツコツと彼女に対して好印象を与えていけば、きっと彼女との距離を縮めることができますよ!彼女の態度が冷たかったり、愛想笑いが多い場合はあきらめた方がいいですが、関係が始まったばかりであれば、くじけずに今回ご紹介した彼女との距離を縮める方法を使って地道に頑張りましょう!

合わせて読みたい:

スポンサーリンク