女心をつかむコツ!好きな女性を手に入れる効果的な接し方5つ!

onnagokorowotukamukotu

好きな女性をなんとかモノにしたい!そんな思いを叶えるには、女心をつかむコツを知っておくと、かなり有利に働くはず。

女心を理解してくれることは女性にとって嬉しいポイントで、それが付き合っている彼氏を手離さない理由になっていることも多いんですよね。常に彼女がいる男性と話すと、アナタわかってるね!と言いたくなる人がたくさんいます。

では、女心をつかむには具体的にどう接したらいいのか、詳しく見てみましょう!

スポンサーリンク

1.弱さは大きな器で受け止める

社会で活躍する女性が増えて、「女は強い生き物だ」なんて思い込んでいる男性をよくみかけます。でも、女心をつかむコツは、どんなに強い女性でも必ずどこかに弱みを持っていると意識することが大事!

本心では男性に支えてもらいたいと思っているのが女性。アナタの好きな女性がパッと見強く見えたとしても、じっくり話をすれば、ふとした瞬間に弱みを見せることがあるかもしれないんです。

女性はつらい時期を支えてくれた男性に好意を抱くことが多いです。女心をつかむコツは、弱い部分を見せられたときに大きな器でサッと受け止めてあげること。なかには大人の男の包容力を感じて、思わず恋に落ちてしまう女性もいるかも!?

2.たまに連絡を絶つ

好きな女性が相手だと、メールやLINEをたくさん送ってしまいがち。好きなら繋がっていたい、関わりたいと思うのが当然なので、まあ仕方ないですよね。でも、女心をつかむコツはその逆の行動に出ること。

女性からのメッセージに対してはいつも通り返信してOK。そして、アナタからは連絡せずにしばらく放置!それまでたくさんきていた連絡が急に途絶えると、女性は不安になってアナタのことを考えるようになります。

「最近連絡こないな」「私のこと嫌いになったのかな」と考えながら、なんとなくモヤモヤしちゃう。一度しっかりと意識したことは、意外とすぐ離れていかないんですよね。

「押してダメなら引いてみろ」という言葉があるように、女心をつかむコツはただ積極的に攻めるよりも、緩急をつけて接したほうが効果的だってことなんですよ!

スポンサーリンク

3.特別扱いをする

女性にとってお姫様みたいに扱われるのはいくつになっても嬉しいもの。全然意識していなかった男性でも、自分を特別扱いしてくれている人だとわかると、急に恋愛対象として意識しちゃうことがあるんですよね。

好きな女性の女心をつかむコツは、他の女性との差をつけること。優しくするのはもちろん、たまに軽い食事を奢ってあげたり、みんながいる前で褒めたりすると効果的!

とはいえ、彼氏でもないのにやりすぎると女性が下心を感じて警戒しちゃうかも。プライベートには踏み込みすぎないように、ご注意を。あくまでも誠実に接する中で、いかに特別感を与えるかが大事なんです!

4.紳士的な行動をとる

男性ということを改めて意識してもらえるように紳士的な行動をとることはとても大切。女心をつかむコツである紳士的な行動は、レディーファーストの精神に通じています。女性優先に考えると、ごく自然に行動できますよ!

紳士的な行動は日常の中でも実践できること。建物に入るとき先にドアを開けて待っていてあげたり、座るときは上座か座りやすい位置に誘導してあげたり、重い荷物を黙って運んであげたりすると女性に好感を持ってもらえます。

男性のさりげない気遣いにドキッとする女性心理をうまく利用することが、女心をつかむコツになるんですね。

5.一緒の空間ではできるだけ近くにいる

好きな女性と一緒の空間にいるときは、できるだけ近くにいることを意識してください。女心をつかむコツは、「そういえばいつも近くにいるな」と思ってもらうこと。距離はより近いほうがいいけれど、会話が聞こえる範囲が有効と考えてくださいね!

会話が聞こえる範囲だと、自分が得意なジャンルの話をしているとわかったとき、自然な感じで会話の輪に混ざることができます。また、女性の近くにいれば、何かあったときにもササッと対応してさりげなく存在アピールができちゃうのです。

相手の好意が伝わって意識しはじめて本当に好きになってしまうパターン、よく聞きますよね。いつも話しかけてくれる、いつも助けてくれる、という感覚を女性に与えれば「もしかして私のこと好きなのかな?」と意識してもらうきっかけになるかも!

なんとなくでもいいので女性に意識してもらえていると、アナタが告白するときの成功率が高くなりますよ!

おわりに

いかがでしたか?女心をつかむコツを押さえた接し方はいろいろありますが、好きな女性を手に入れるためには、女性の心理を理解しようとする姿勢が大事!

どんな行動をとれば嬉しさを感じてくれるのか、自分を意識してくれるのかということを常に考えながら女性に接するクセをつけましょう。最初は考えながらでぎこちなくても、慣れてくると自然にできるようになりますよ。地道に頑張りましょう!

合わせて読みたい:

スポンサーリンク