合コンを彼女が怒る!やきもち以外でキレてくる理由5つ!

goukon-kanojo-okoru

会社の上司に頼まれて...。友人から人数合わせで頼まれて...。お付き合いで合コンに参加せざるを得なくなった状況ってあるかと思います。そんな時に彼女にバレて怒られた経験ありませんか?

男性としては、付き合いもあるし仕方ないと思うでしょうが、女性は少し違います。仕方ないとはわかってても譲れない気持ちがあるんです。

そこで、彼女が合コンを怒る時のやきもち以外の理由を紹介します!ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

1.内緒にするから

本当に仕方ないなら言えばいい!という心境です。疚しくないならサラッと『友人に頼まれて...』等、ありのままを彼女に伝えればいいだけです。それができないのはなぜでしょうか?

すべて納得して、ということは出来ないかもしれませんが、男性の立場も理解し怒る気持ちも堪えて送り出してくれるのではないでしょうか。隠す行為が怪しいと思われてしまうので、先に伝えることで女性の怒りも回避できるでしょう。

しかし、言えば丸く収まるということではないですので、最初から許してもらえることが前提ではいけません。女性はそういった考えには特に敏感ですから。

2.断らないから

そもそも彼女がいるのになぜ誘いを断らないのか!?という怒りです。今回断らないなら今後も誘われたら行くのではないか?という気持ちになってしまいます。

やはり女性側にも『恋人が嫌がるから』ときちんと断り男気を見せてほしい!という想いがあります。『予定があるから』など、誘いを断る方法もありますよね。

何度も断らない状況が続くと、弱い人だな…という印象を植え付けてしまいます。まずは無理だという姿勢を相手にも見せましょう。その上でそれでもお願いされたなら、その時は改めて彼女に伝えるという形で良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

3.仕方ないで終わらせるから

『仕方ないだろ!?』という一言で相手を黙らせてしまっていませんか?『仕方ないこと』と判断するのは相手の方です。きちんと相手を納得させられるよう理由を話し、今後どうしていくのか伝えなければいけません。

合コンに行かなければならなくなった理由や経緯をすべて説明するのが面倒で、というのもわかりますが、彼女からすれば『仕方ない』で終わらされたらその後何も改善しないのでは?という気持ちにから怒るのも当然です。

『~で、○○だったから断れなかった、ごめん』ときちんと伝え、相手に『仕方ないね』と思ってもらえるよう説明しましょう。女性は面倒なことしてくれることで大切にされてると感じる生き物ですから。

世の中に仕方ないと納得しなければいけないことは多々あります。しかし仕方ないで全て片づけられる関係が、果たして良好なモノになっていくでしょうか?

4.合コンに行くこと自体がおかしいから

恋人がいるのに合コンに参加する必要があるのか?という疑問から怒りに変わっています。
合コン自体、出会いを求める場になりますので参加するのは浮気したいから?と不安になり怒ることはどうにもできません。

この場合、男性側がどう思って参加するのかで女性の気持ちも変わります。彼女がいると言っていたが、人数合わせで行かなければ行けないのか。ただ自分が行きたいだけなのか。
そもそも何も考えてないのか...。

女性は男性の態度、言葉をよく観察してます。合コンを社交の場と捉えている男性はいますが、相手もそうではないことをよく理解しておいた方がいいでしょう。

自分の行動が彼女との関係にどう影響していくのかよく考えてみるのもいいかもしれませんね。

5.相手の気持ちを考えないから

自分は合コンに平気で行くのに、彼女が友人に頼まれ仕方なく参加すると烈火のごとく怒る男性がいます。彼女からすれば『自分はされたら怒るのにどうして私の気持ちがわからないの?』となってしまって当然です。

お互いに『付き合いがあるなら仕方ない』と相当な理解のある関係なら別ですが、そうではないことが多いですよね。もし自分が合コンに行くなら相手が行く場合にも快く送り出してあげられますか?

男性は自分の立場に置き換えるのが苦手な人も多いです。ですがそれを理由に相手の気持ちを蔑ろにしてはいけません。合コンに参加することが仕方ないことだとしても、最低でも同じ回数は彼女の合コン参加は大目に見ないといけないですよね。

それを考えた上で彼女が合コンに参加するのが嫌なのであれば、自身も参加を控えるべきではないでしょうか。

おわりに

合コンを怒る女性の気持ち、わかりましたか?お付き合いや頼まれて仕方なく、という状況は女性はきちんとわかっているんです。

男性の言動で信用できるかどうかを判断しているワケで、そこに疑問が出てきたら怒ってしまうのも無理はないですよね。

面倒なことでもきちんと誠意を持って対応する。その繰り返しが彼女の理解を深め、信頼のある関係を気付くコツではないでしょうか。

合わせて読みたい:

スポンサーリンク